笑顔で話す女性

スムーズな労務管理を手助けしてくれるクラウド型のシステム導入へ

クラウド型労務管理システム導入のメリット

上司と部下

近年、長時間労働や過労死などの問題がフォーカスされることが多くなり、企業としても従業員の労務管理の必要性が強く認識される時代に突入しています。企業としてもコンプライアンスの管理の観点から、社員の労務管理をしっかり行いたいという需要は高まっていると思いますが、その一方で、サービス残業の黙認により、実際の社員の労働時間と企業側の記録に乖離が生じたりする問題が指摘されています。これら勤務実態と企業側の記録に大きな乖離がある場合、労基署などの当局から厳しい指摘が入る可能性が高まっています。そこで、それら課題を解決する手段として、クラウド型の労務管理システムを導入することをお勧めします。クラウド型の労務管理システムを導入した際、社員個人のパソコンのログイン時間と連動させることで、実際の作業時間と勤務時間をかなり高い精度で記録することができ、サービス残業の見過ごしが大きく減少することが期待できます。また、現在企業は社員に年間5日以上の有休を取得させることを義務付けていますが、これをクラウドシステム上に入力させることで、企業側はだれが必要年休取得日数を満たしたか、そうでないかを簡便に把握できるようになります。

最新の記事

クラウドシステムの導入で労務管理を劇的に改善しよう

労務管理は会社の経営や従業員を管理する上で大変重要な業務でありながら、多くの人員が割かれずに、担当者が膨大な業務を抱えて悲鳴をあげているという話はよく耳にするものです。特に入退社や人事異動が多い春先、毎月の給与の締め日、年末調整の時期などは膨大な書類作業に忙殺され、毎日夜遅くまで残業を強いられるほど大変な思いをする担当者も多いのではないでしょうか。そんなときにはクラウド型の労務管理システムを導入して、労務管理の電子化を進めましょう。クラウド型の労務管理システムなら、日々…

労務管理はクラウド型システムを有効活用しよう

ラップトップPC

最近ではクラウド型の労務管理システムを導入する企業が増えていますが、いまだに紙ベースの人手のいる作業に追われ、効率化が進まずにお悩みの企業担当者は多いのではないでしょうか。また、人事異動などで労…

くわしく読む

クラウド型の労務管理システムは双方にとってメリットがある

コーヒーを飲む女性

労務管理システムは経営側、労働者双方にとってメリットがあります。まず経営側にとっては、クラウド型の労務管理システムを導入することによって、どの社員が長時間労働をしているかがわかりますし、…

くわしく読む

クラウド型労務管理システム導入のメリット

上司と部下

近年、長時間労働や過労死などの問題がフォーカスされることが多くなり、企業としても従業員の労務管理の必要性が強く認識される時代に突入しています。企業としてもコンプライアンスの管理の観点から、社員の…

くわしく読む
TOP